クラスTシャツを楽しもう

クラスTシャツは後ろ側をポイントにしましょう。

クラスTシャツは後ろ側をポイントにしましょう。 体育祭や学校祭などで作ることが多いクラスTシャツ。
団結力を高めたりイベントに向かって気持ちを盛りあげる為に必要なアイテムですよね。
クラスTシャツを着ているだけでやる気になったりしてしまいます。
デザインや色などを自分達で考えて、実際にTシャツにすることが出来る為、どういったデザインにするか悩む方も多いでしょう。
一般的にはクラスTシャツは、前側である胸のあたりにプリントをしますが、後ろ側である背中の部分にプリントを施すのもオシャレでお勧めです。
前側はワンポイントなどで抑えておいてシンプルに、後ろ側にたくさんのイラストや言葉などをプリントすると、他のクラスとのTシャツのデザインで差を付けることが出来ます。
クラスTシャツは、イベントが終了した後も様々な機会で着用することが出来ますし、部屋に掛けて置いておくだけで、想いでの品として飾ることが出来ます。
一生の宝物となる可能性もありますので、デザインを考える際は慎重に丁寧に考え作成していきましょう。

ウケ狙いに特化したクラスTシャツの鉄則を大げさに扱う

情熱の大きさを前面に押し出すクラスTシャツを好む団体もあれば、ウケ狙いの文言をふんだんに盛り込んだ一品で活動に挑むところまでさまざまです。
クラスTシャツに求める要素は各々の価値観で大きく差が生じるので、ウケ狙いのものがあっても許される風潮にあります。
真面目さから遠ざかっていても一致団結しようとする心がひしひしと伝わってくれば、見る人に元気を与えられるのは確かです。
ウケ狙いを大切にしてクラスTシャツを作ろうと意気込むのなら、最低でも二つの注意点を順守して教職員などの目に余らないように配慮します。
校内でだけ通用するウケ狙いの言葉で、なおかつ誰にでも心地良い感情を起こさせることが一つです。
クラスTシャツを目撃した人の全てが喜ばないと、楽しませる目的から逸脱してしまいます。
もう一つは、世間的に笑いを巻き起こす人物が発する言葉などを用いることです。
一般的な感覚を持っていれば笑える存在でなければ、何を目的としている一品か理解してもらえません。