クラスTシャツを楽しもう

クラスTシャツのサイズ選びのコツ!

クラスTシャツのサイズ選びのコツ! 体育祭や文化祭などでクラスの仲間意識を高めるために、クラスTシャツを作ることがあります。デザインや色などを自由に選ぶことができ、注文生産するため、他のクラスとかぶることがありません。遠くから見ても、クラスカラーが分かるので、応援などをする時にも便利です。
クラスTシャツは受注生産のため、作成する時に気を付けなければならない点があります。それは、サイズ選びです。
男女共学の場合、そして中学生や高校生の場合、身長や体重、体格などはかなり個人差があります。
そのため、一律同じサイズで作ることは、難しいです。全員がそれぞれ自分に合うサイズを注文できれば良いのですが、注文が煩雑になる恐れがあるため、数種類のサイズで注文する場合が多いです。
Tシャツ自体が国産か外国産の生地かでサイズ選びの仕方も違います。そのため、まずは自分にぴったりのサイズの手持ちのTシャツのサイズを計り、それに近いサイズを選ぶようにすると失敗が少ないです。

クラスTシャツは最低何枚から作れる?

学校のイベントなどでクラスで何かを行うような場合、団結力を上げるために同じユニフォームを着ることがあります。
ユニフォームでなくともクラスTシャツでもよく、みんな同じものを使っているということが大切になります。
しかし、そのようにクラスTシャツを作るとなると、ただ同じシャツを用意するのではなくオリジナルTシャツを用意することが、多くなります。
オリジナルTシャツであればクラスの組を印刷したり、それ以外の違う文字や絵などを印刷することができ、特別感が出ます。
その時心配にあることが、何枚から作れるかという問題点が浮上します。学校によってはクラスの人数が少ない場合もあり、悩んでしまいます。
クラスTシャツなどのオリジナルTシャツは1枚からでも作成依頼することができるので、安心してりようすることができます。
しかし、枚数が少ないよりも多い方が費用も安くなるので、依頼する際には費用の面もきちんと把握することが大切になります。